天気と虫と田の神さま

このところの異常気象で、とかく長雨は心配の種です。

今年も県内では豪雨被害がありましたし、

去年は、うちの畑のすぐそばを流れる川が氾濫(はんらん)寸前になりました。

だだちゃ豆の収穫作業の最中に携帯のアラートが鳴り響き、

逃げなきゃ、取らなきゃと、大変な思いをしました。

 

 

もちろん、天気のほかにも気にしなければいけないことはたくさんあって

例えば、だだちゃ豆には天敵がいます。

カメムシです。

皆さんもご存じの、臭いのきつい虫です。

あのカメムシが、実ができ始めたばかりのだだちゃ豆にくっついて、

まだ軟らかい中の実を、チューチューと吸ってしまうのです。

カメムシも暑さが厳しいときに多く発生するので、

こちらも天気と無関係ではないですね。

 

 

人間の思うようにならないことが多い中、

わが家でも昔ながらの神頼みをしています。

床の間に大黒天をおまつりしていますし、家の敷地内には、お稲荷さんがあります。

 

米俵の上に乗っておられる大黒天は「田の神さま」とも言われていて、

古くから農耕神、田畑を守ってくださる神さまと信じられています。

そして、キツネは田の神さまのお使いだそうです。

日本のあちこちにお稲荷さんがあるのも、稲作の国だからこそなんですね。

 

 

田の神さまに守られて、今年もだだちゃ豆の収穫が無事に終わろうとしています。

お客さまにはたくさんのご注文をいただき、本当にありがとうございます!

一生懸命に出荷作業をしておりますので、

お手元に届くのを楽しみにしていてくださいね!

 

まだ食べていない! まだまだ食べたい! というお客さまには

初秋のだだちゃ豆、尾浦をご用意しています。

https://yosobei.com/secret_member

どうぞ、ご賞味ください!

 

尾浦の収穫・出荷が終わると、

いよいよ今年のだだちゃ豆は終了となります。

一息ついて、9月下旬からはお米の収穫が始まります。

こちらも出荷の準備が整い次第、ご案内をさせていただきますね。

今しばらくお待ちください!