収穫期の一日

忙しいです。

豆の成長は待ったなし、土日も平日も関係ありません。

 

うちの畑では、1カ月かけて豆を収穫できるよう、

4月中旬に、時期を少しずつずらして植え付けをしています。

最初に植えたところから取り頃を迎えるので、ここを一番に収穫。

取り終えたら、次に植えたところ。全部取ったら、また次を……。

と、うまくいけばいいのですが、

実際には、全部取り終える前に、次の豆が取り頃を迎えてしまうことが多いのです。

さらに、豆の取り頃は3、4日しかありません。

仕方なく、取り残して次に移ることになります。

 

例年、8月最終週にかけては

豆の成長に追いかけられるような状態になっています。

 

全ての豆を取り切れる年はないので、

その分も計算して余裕を持って植え付けをし、

取り切れなかった豆は翌年の種にします。

 

ちなみに、わが家の収穫期の一日はこんな感じです。

 

午前3時~4時

身支度を済ませて、目覚ましの水を一杯飲んだら畑へ。

昼間は日によっては40度近くまで気温が上がりますが、

早朝はとても涼しく、長袖を着て作業をします。

冬には吹雪で、家の近所でも遭難するくらいなので、

一日の中でも年間でも、寒暖の差がなかなか激しいです。

 

午前5時半

1日当たり150キロから250キロのだだちゃ豆の収穫終了。

作業場に持ち帰って、脱サヤ(枝からサヤを外す作業)をします。

サヤを外した枝は、畑に戻して肥料にします。

 

午前6時

朝ごはんです。

 

午前8時

脱サヤを再開。

途中、みんなでメロンやスイカをいただく休憩を挟みながら、

選別、箱詰め・袋詰めして出荷までを、できるだけ午前中に終わらせます。

 

正午

昼ごはんです。

 

午後

午前の作業の残りがあればそれを済ませ、

あとは事務作業の時間に充てます。

 

午後9時~10時

子どもたちと一緒に就寝。

翌日の作業に備えます。

 

8月の終わりにかけて、作業はどんどん忙しくなり、

それとともに、豆の味が乗ってきます。

まだ召し上がっていない方は、ぜひ一度。

一度お買い上げいただいたお客さまも、どうぞ食べ比べをしてみてください!