だだちゃ豆への想い

こんにちは!!

だだちゃ豆農家の「よそべい」の渡部です。

11月も残り10日・・・早い・・・早すぎます。

もう冬直前ですけど、先日暖かい日があったので

子供と我が家の畑までぶらぶら散歩に行きました。太陽ポカポカで風がそよそよで超気持ちよかったです^^

そんなこんなで新米キャンペーンも残り数日となってます!!こちらからチェックしてくださいね☟☟

新米キャンペーン!!11月中のお申込みでお味噌オマケ付き♪♪毎日食べれる信頼のお米スッキリ味の『はえぬき』
毎日が贅沢になる、もっちりツヤツヤの『つや姫』

今日は、だだちゃ豆を食べたときのこと
「あの味はこういった想いがあるんだ😊」って想像しながら読んでいただけるととても嬉しいです。

※まだ、だだちゃ豆を食べてない方は
「へーこんな想いでつくってるんだー😊」とみて頂けたら嬉しいです。

では僕がだだちゃ豆に目覚めたきっかけをお話しますね♪♪
『ぼくがだだちゃ豆の本当の美味しさを知ったのは20歳になってからでした』

今になってしみじみわかるようになったのですが、
このだだちゃ豆というのは本当に美味しいですよね。

二十歳になって東京にでて、
東京で枝豆を食べたときは本当に衝撃でした。

「あれ?俺が知ってる枝豆と全然ちがう!なんでこんなに美味しくないの?」

小さいときは当たり前すぎて気にもとめてなかったです
他と比べることもなかったし、全然気づきもしませんでした。

僕の当たり前だったことが、他のところに行くと
当たり前じゃなかったんです。
かなり衝撃的で今も忘れません

他の人からしたら「たかが枝豆でしょ?」
って思うかもしれませんが
僕にとってはかなり印象的でした。

30代になって、改めて実家に戻り
だだちゃ豆を食べたとき
改めて思いました。

小さいころは当たり前すぎて全然気づかなかったけど、
「我が家でこんな美味しいモノを作っていたんだ」
改めて、その価値に感動しています

というか確信しました。

そして、
「このだだちゃ豆は本当に美味い」
「これはみんなに広めたい」
「みんなに知ってもらいたい」

そんな風に思い、35歳で農業に関わるようになりました。

ちなみに
この農業に関わるまでにも順風ではなかったです


その辺のことはこちらのブログで書いています。

(久しぶりに読みました。ちょっと込み上げるものがあります^^)

子供のときには本当に当たり前で気づかかなかったのですが、
「庄内平野の食べ物美味しさ」
「田舎の良さ」
都会にはなくて、田舎にしかない「価値」
なども大人になって本当にしみじみ感じています。
( 大変さもありますけどね^^)
 

収穫中の豆が広がった畑も

肌寒い中でも美しい夕陽も

よそべいはぼくで14代目になります。
この山形の鶴岡という、この土地で脈々とつづいてきて、
作物を昔ながら手間を惜しまず丁寧に育てています。

そしてぼくが感じた「美味しい」という感動を、
みなさんに感じてもらえたら
こんな嬉しいことはないと思っています。

目標は
「みんなに愛され未来に残せる農業を作ることです」
必ず実現したいと思います。

みなさんこれからもどうそ宜しくお願いしします。
なんか決意表明みたいになってしまいました(笑)

あっ!!冷凍だだちゃ豆ですが、おかげ様で残りわずかになってきました!!

「まだ食べてないよー!!」ってかたは是非こちらから☟☟

冷凍でも美味しさ詰め込んでます^^一度ご賞味ください☟
通年販売<江戸時代の味>茹でて冷凍した究極のだだちゃ豆

 

 SNS更新中!!是非チェックしてみてくださいね^^

 「美味しいかった」とかコメントいただけるともっと喜びます♪♪

よそべいSNS✅

【Facebook】 https://www.facebook.com/yosobei5
【Instagram】 https://www.instagram.com/yosobei2
【Twitter】   https://twitter.com/yosobeiyasu