豆づくりと人の手

世の中の多くの業界と同様、農業も自動化が進んでいます。

豆づくりも例外ではなく、植え付けから出荷まで、あらゆる作業の機械化が可能です。

技術の進歩はまさに日進月歩、機械に取って代わられる仕事はどんどん増えています。

 

そんな中でも、やはり人の手で行いたい作業があります。

例えば、肥料やり。

いつ、どんな肥料をどの程度やればいいのか

これは代々の言い伝えと長年の勘によるところが大きいので

機械に任せることはできないと私は思っています。

 

それから選別。

機械を使えば虫食いなんかも見つけられて

規格外の豆はエアで弾き飛ばしてくれるのですが

言われたことはきちんとするけれど、言われたことしかできないのが機械です。

その点、人間は考えながら動くということができます。

選別も、わが家では人の手で行っています。

 

 

というわけで、忙しい収穫期には多くの人手が必要です。

ここ10年くらい、うちの畑には頼もしい助っ人が来てくれています。

山形大学のバトミントン部の学生さんたちです。

ほとんどの方が農学部の学生さんなのですが

若さはもちろん、根性もあって

わが家にとって、なくてはならない存在になっています。

 

二人の娘たちも戦力です。

虫はきらいだけど畑は大好きな娘たち、苗植え、選別、袋詰めと大活躍です。

私も小さいころ、全裸で泥んこまみれになっている写真があります。

手伝っているのか、遊んでいるのか定かではありませんが

畑仕事がずっと私のそばにあったことは間違いないようです。

 

 

最後に、うれしいお知らせがあります。

東京と岡山の居酒屋さんで、與惣兵衛のだだちゃ豆を提供していただけることになりました!

東京は渋谷横丁内の東北食市さん(8月4日オープン)

岡山は、かしわや小林さん(https://kotori-foods.com/kashiwaya/)です。

収穫期には今年のものを、それ以外の時期は冷凍のものを召し上がっていただけます。

ウイルス感染には十分お気を付けの上、お近くの方はぜひお立ち寄りください!

 

 

今年も、みんなの手で育てただだちゃ豆、全力で収穫作業中です。

ご自宅で、お店で、どうぞご賞味ください!