天気とだだちゃ豆

私たち農家にとって、天気は大きな関心事。

わが家では農業用の水路は引いておらず、まさに神頼み、すべてはお天道様次第です。

 

雨が多すぎると、畑に水がたまってしまいます。そうすると、だだちゃ豆が呼吸しづらくなり、豆が黄色くなってしまいます。黄色くなった豆は緑に戻ることは戻るのですが、やはり味が落ちます。

さらに雨が続いて根腐れをしてしまうと、その豆は食べられなくなってしまいます。

 

だだちゃ豆は乾燥に強いので、日照りの影響は受けにくいのですが、とはいえ限度の問題。

あまりに雨が少ないと、これはこれで枯れてしまうのです。

2、3年前に、日照り続きの年がありました。

このときはトラックにタンクを積んで、畑に水を1トンまきましたが、広い畑では焼け石に水、やはり雨を待つしかありませんでした。

 

 

思いどおりにならない空を見つつ、一生懸命に育てた豆の収穫の日。

わが家では、採れたてをとにかく早くゆでます。

豆をゆでると、部屋いっぱいに豆の匂いが広がって、むせかえるほどです。

これを手早く冷ましてほおばると、コクがあって甘く、そして豆の香りが濃くて、それはそれはおいしいのです!

娘たちもとっても大好きで、ご飯のときに目の前に豆のお皿があると、豆だけでおなかいっぱいになるまで食べてしまうので、あえてお皿を遠ざけておかなければならないほどです(笑)。

 

 

皆さまにお買い上げいただいただだちゃ豆は、畑で採れたものをその日のうちに出荷、早ければ翌日にはお手元に届きます。

ゆでたてを召し上がっていただくために、到着時刻に合わせて、鍋に湯を沸かして待っていてください!

手早く冷ますためのうちわの準備もお忘れなく。

 

塩ゆでで楽しんでいただいたあとは、豆ごはん、さやごとみそ汁にするのもお勧めです。

ぜひ、いろんな食べ方でご堪能くださいね。

 

 

最後に、テレビ出演のお知らせです。

8月16日、TBS系列の『じょんのび日本遺産』という番組で與惣兵衛が取り上げられます。

お時間がありましたら、ぜひご覧になってください。

感想などもお聞かせいただけるとうれしいです。