自慢のだだちゃ豆のこと

こんにちは!

夏は、だだちゃ豆の収穫の季節です。

わが家の自慢の豆の話を少ししますね。

だだちゃ豆を育てている畑の広さはおよそ3町歩(ちょうぶ)、

サッカーコート約4.5枚分の広さです。

この広い畑で、江戸時代から脈々と受け継がれてきた豆を育てているのです。

ところで、ちょっと変わった「だだちゃ豆」という名前

・食べた人が、あまりのおいしさに「誰のだだちゃ(山形の方言でお父さんのこと)が作ったのか?」と聞いたから

・その昔、伊達藩に献上していたことから。「だだちゃ」は「伊達」がなまったもの

由来は諸説あるようですが、とにかくおいしい豆なんです!

昔は畑の隅っこで、家族で食べる分だけを育てていたのですが

おいしい豆を皆さんにも食べていただけたらと、作付面積を広げてきました。

今では毎年、たくさんのお客さまが収穫を楽しみにしてくださっています。

大切な方への贈り物にも最適です!

収穫は8月初旬から始まります。

おおよそ1カ月かけて収穫をしていくのですが

同じだだちゃ豆でも、日がたつにつれて採れる品種が変わっていきます。

もちろん、味も違いますよ!

ぜひ1シーズンに何度でもご注文いただき

味の変化を楽しんでください。

ただいま與惣兵衛では、今年のだだちゃ豆の先行予約を承っています。

1キロ1800円(税別)です。

8月5日までにご予約をいただいたお客さまには

だだちゃ豆1キロにつき500グラム

「はじき」と呼ばれる規格外のだだちゃ豆をお付けします。

先着50名様までとなっておりますので、お急ぎくださいね。

https://yosobei.com/products/tokuten

収穫まで待てない!というお客さまには

冷凍のだだちゃ豆もご用意しています。

去年の豆をつまみつつ

今年の豆をお待ちいただけるとうれしいです。

https://yosobei.com/products/%e5%86%b7%e5%87%8d%e3%81%a0%e3%81%a0%e3%81%a1%e3%82%83%e8%b1%86

今年も皆さまにおいしいだだちゃ豆が届けられるよう

引き続き、愛情をこめて豆を育てます。

どうぞ楽しみにしていてくださいね!